こどもみらい住宅支援事業が始まります

『こどもみらい住宅支援事業』のこと

ご存じの通り、新しい住宅支援事業が始まります。

竹野内建設は支援事業の事業者として登録を完了しました。

➡ こどもみらい住宅支援事業 

制度の目的は?

子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得等に対して補助することにより、負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る。

・子育て世帯とは・・・申請時点において18歳未満の子(年齢は令和3年4月1日時点)を有する世帯。

・若者夫婦世帯とは・・・申請時点において夫婦であり、いずれかが39歳以下(年齢は令和3年4月1日時点。すなわち昭和56年4月2日以降出生)の世帯

 

補助対象となるのは?

・子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅の新築、一定のリフォーム   

  ※住宅の新築とは注文住宅の新築、新築分譲住宅の購入をいいます。

 

補助金は?

★新築の場合は、住宅性能に応じて最大100万円

【対象となる住宅性能と補助金額】

 ①ZEH・Nealy ZEH・ZEH Oriented・・・100万円

 ②認定長期優良住宅・認定低炭素建築物・性能向上計画認定・・・80万円

 ③断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅・・・60万円

★リフォームの場合は、最大30万円 (子育て世帯・若者夫婦世帯は最大60万円への引き上げあり)

この補助制度は、主な住宅取得層である子育て・若者世帯を対象にしており、住宅性能も③「一定の省エネ性」とすれば、高額な加算費用も必要ないため、多くの方が利用しやすい制度となっています。

なお、主に若者向けというイメージですが、40代、50代の世帯であっても、18歳未満のお子さんがいれば対象となります。

※概要の内容は変更になる可能性があります。

こどもみらい住宅支援事業について(全体版) – YouTubeをご覧ください。

 

住宅の新築またはリフォームをご検討されている方は

新築またはリフォームをご検討されている方は、この事業を有効に活用されてはいかがでしょうか。

 

本日は新しい支援事業についてのお話でした。最後までお読みいただきありがとうございます。

こどもみらい 補助金

竹野内建設は、

住まいは人を守ったり、子どもが育つ大切な環境として捉え、

心身を健やかに保つように使用素材を精選し、

採光・通風・ご家族の暮らしの動線に配慮した間取りを提案しております。

住まいのこと、家づくりのこと、どうぞご相談ください。

 ご相談は ⇒こちらから

     TEL 082-822-7711

     【営業時間】8:3018:00 

     【定休日】日曜日・祝日