カバー工法で屋根・外壁リフォーム

屋根・外壁リフォームのこと

新築から25年を経過したお住いをリフォームすることになり、外壁・屋根のリフォームについても相談されました。

調査をすると、室内もさることながら屋根や外壁がかなり劣化していました。特に、屋根は紫外線を最も多く浴びることから外壁よりも劣化が進んでいました。

今回のお客様には既存の外壁や屋根に新しい材を上張りする「カバー工法」を提案しました。

カバー工法は軽量なガルバリウム鋼板材などを用いて、耐久力も美観も向上させやすいという利点があります。その他のメリットもありますのでご参考に。

費用軽減と工事期間の短縮

家に住みながらの施工が可能で、張り替えリフォームと違って既存の外壁を取り除く必要もありません。下地材が腐食していないか確認するために、土台や軒下に近い所を剥がすことはあるものの、基本的にはそのほかの大部分は残したまま、新しい外壁を張りつけます。このため、外壁の解体や撤去・処分にかかる手間や費用は発生しません。

断熱性・防音性の向上

外壁材を重ねることで、壁と壁の間には空気の層ができます。この空気層は水分を含む暖かい空気や冷たい空気などを遮断するので、夏は涼しく冬は暖かい室温を保ちます。

また、外壁が二重になることにより、遮音性も高くなる可能性もあります。屋外からの騒音が室内に伝わりにくくなり、より静かで快適な生活が望めます。

色褪せた外壁もリフォーム後は新築みたいですね。

今日は、屋根や外壁のリフォームについてのお話でした。最後までお読みいただきありがとうございました。


=======================================

なお、新築・リフォームを検討中の方限定に、弊社の家づくりに対するこだわりが詰まった「家」の見学ツアーを随時開催しています。

お電話やメールで気軽にお申し込みください。

 =======================================

竹野内建設は、

住まいは人を守ったり、子どもが育つ大切な環境として捉え、

心身を健やかに保つように使用素材を精選し、

採光・通風・ご家族の暮らしの動線に配慮した間取りを提案しております。

住まいのこと、家づくりのこと、どうぞご相談ください。

 ご相談、お申込みは ⇒こちらから

     TEL 082-822-7711

     【営業時間】8:3018:00 

     【定休日】日曜日・祝日